T人生研究所
よりよい人生、生き方の研究をしていきます。研究員募集中です。対象は幅広く取り扱っています。21世紀厳しい時代になるかもしれませんが、多様な働き方、生き方が生れてくるのではないかと考えております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人に好かれる人になる12の習慣
皆さんこんにちは!
人に好かれる人になる12の習慣という本を読みました。



著者:アラン・ロイ・マクギニスさん
牧師、精神科医。カリフォルニア州にあるヴァレー・カウンセリング・センターの副ディレクターを務める。モチベーション、人間関係、組織づくりなどをテーマに、大学での講義、企業向けのセミナーなどを精力的に行っているとのことです。

ここでいう、12の習慣とは、
①人との関わりを最優先する
②素直に自分をさらけ出す
③自分の好意を口に出す
④愛を行動で示す
⑤相手に自由を与える
⑥体のふれあいを大切にする
⑦思い切りほめる
⑧会話の時間をたっぷりとる
⑨相手の話を聞き、秘密を守る
⑩会話では自分の気持ちを表現する
⑪怒りを抑えない
⑫けんかは上手にする
ということです。

これらがなぜ大切であるかといったことが、いろいろなエピソードとともに紹介されています。

自分もこの本を読み、できていないことが結構あるなと感じました。これから改善していければと思います。

エピソードのひとつにアン・サリバン先生とヘレン・ケラーの事が書かれていました。
愛は支配欲ではないとのことです。
目が見えず、耳が聞こえないヘレンは野生動物同然でしたが、サリバン先生が、ヘレンの手に指で文字を書き続けましたが、なかなかその意味は届きませんでした。
しかし、ある日、井戸の水をコップで受け止めようとした時、水があふれてヘレンの手にほとばしり出てきた時、サリバン先生は、もう一方の手に、「み・ず」と書きました。その時、はじめて、ヘレンは、わかる喜びを味わったとのことです。

それからヘレンは成長し、師をはるかに超える天分を発揮して行きました。
それでもサリバン先生は、ヘレンに対する態度を変えることはありませんでした。ヘレンに成長する自由を与えたとのことです。

サリバン先生自身子どもの頃は緊張型分裂症という難病で、誰からも見放され、病院の独房に入れられていたとのことでしたが、掃除のおばちゃんが毎日ほうきでつつき続けたことで、病気が快復したのです。
世の中でたった一人でも関心をもってくださる人がいれば人は救われるのですね。
また、小さな種が大きく成長していくのですね。
スポンサーサイト
人とのコミュニケーションが上手い人下手な人
みなさんこんばんは!
人とのコミュニケーションが上手い人下手な人という本を読みました。



著者:和田秀樹さん
東京大学医学部、東京大学医学部付属病院精神神経科助手、米国カール・メニンガー精神医学学校国際フェローを経て、現在精神科医として活躍。

冒頭に今までは、多少口下手でも定年まで勤めることができましたが、今では、与えられる仕事だけにしがみつく人は使い捨てにされる世の中です。そういう社会で生き残るには、特別な能力のある人、アイディアを持った人、コミュニケーション能力が高い人といった記述がありました。

そうなってくるとコミュニケーション力はとりあえず鍛えていくしかないのではないかと思います。

私たちが社会の中で生きていくには大きく二つのスキルが必要になるとのことです。
1つはリビングスキルという食生活や身だしなみ、金銭管理といった他人とのコミュニケーションを必要としないスキル。
もう1つは、ソーシャルスキルという必ず他人がからんでくるスキルです。

本書では、ソーシャルスキルを基本から学ぶことができます。
アイメッセージの重要性など、使えることが書かれているなと感じました。

実践あるのみですね。

ピアノ演奏のヒント
みなさんこんにちは!
ピアノ演奏のヒントという本を読みました。



著者:徳末悦子さん
東京音楽学校(現:東京芸術大学)ピアノ科卒業後、数々のリサイタルを開催。オーケストラとの協演や公開講座の講師としても活躍。

私もピアノを習いはじめて2年くらいになりますが、レッスン以外でなかなか音楽を学ぶことをしていなかったような気がしまして、徐々にいろいろ学んでいきたいと思い、本を読んでみることにしました。

ピアノの座り方や足の位置、姿勢、タッチ、テンポ、リズム、など、なんとなくやってきてしまっていたような気がしますが、いろいろと意識して、気をつけていかなければならないと感じました。

日々の練習の事や、入試の事、リサイタルの事などについても書かれています。
脱サラ農業で年商110億円
みなさんこんにちは!

脱サラ農業で年商110億円という本を読みました。


著者:鈴木 誠さん
株式会社ナチュラルアート代表取締役。東洋信託銀行(現:三菱東京UFJ銀行)入行し、慶応義塾大学のビジネススクール終了後、日本ブランド農業事業協同組合の設立に参加し、初代事務局長に就任。その後、株式会社ナチュラルアートを設立し、農畜産物等の生産、加工、販売、農業経営のコンサルティングを行っているとのことです。

本のタイトルには、年商という言葉がかかれていますが、実際には、日本の農業を元気にしたいという志を一番大切にされているそうです。

この本を読んで、日本のこれからや、農業界も大変な状況になってくることを感じました。
ただ、鈴木さんのように頑張っている方はたくさんいるし、新しい動きもでてきているんですよね。
私も、自分の進むべき道を定めて突き進んで行ければと思います。
不動産取引のアンケート調査
みなさんこんにちは!

国土交通省の土地鑑定委員会から不動産取引のアンケート調査が届きました。
国民生活の安定向上と国民経済の健全な発展に欠かすことのできない適正な地価の形成等をはかるためのとのことです。

調査の結果は、以下のページに掲載されるようです。
土地総合情報システム

こんなシステムがあったんですね。知らなかったです。
膨大なデータがそろえばたしかに参考になるかもしれないですね。
私も微力ながら、アンケート調査に協力させていただきました。
今後もいろいろと勉強していければと思います。
心に響く「話し方」
みなさんこんばんは!

心に響く「話し方」という本を読みました。
著者:青木仁志さん
国際企業ブリタニカにおいてセールス、セールスマネジャーとして数々の賞を受賞。人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」を設立。プロのスピーカーとして様々な場面で活躍している方です。

私もアチーブメントのコンサルタントの方とお話をしたことがあるのですが、実力のある方だなと感じました。

この本では伝達力向上のための事がかかれていますが、技術もありますが、何よりも実績を大事にされていて、その点はすごく共感できます。

自分を大切にする心がなければ、人を大切にすることなどとてもできない。
まず自分を大切にし、一定のレベルまで徹底的に高めてもらいたい。
すると、今度は自分が学んできたことを人に伝達する時期が必ずやってくる。

これは、裏表紙に書かれている言葉ですが、非常に大事なことだと感じました。
この言葉を実践していければと思います。


なぜか「もう一度会いたくなる人」の法則
なぜか「もう一度会いたくなる人」の法則という本を読みました。
著者:斎藤茂太さん
1916年、歌人・斎藤茂吉の長男として、東京に生まれる。精神科医、医学博士。斎藤病院名誉院長ほか、日本精神病院協会名誉会長、日本ペンクラブ理事、日本旅行作家協会会長などの要職を兼務。

もう一度会いたくなる人の特徴は、ほめ上手、叱り上手、話し上手で聞き上手、欲がない、約束を守る、素直、飾らない、失敗を活かす、心にゆとりがある、器量が大きいなどといった項目があげられています。

幕末の人物などが例として紹介されていますが、とても偉大な人物だったんだなと思える方がたくさんいます。
個人的には、何事も80%主義というのを読んで気持ちがすごく楽になった気がします。
さすが精神科医さんですね。

もう一度会いたい人と思われるような人物になりたいものですね!


小学生ブロガーが世界を変える
COURRIER JAPONの3月号を読みました。
今回の特集は、世界は「新しいNIPPON」を待っている。でした。
スバル、無印良品、ユニクロなど世界で活躍する企業の特集です。
これからは世界で活躍できないと日本も厳しくなってくるんだなと感じました。

世界各国のストーリーとして今回私が気になった記事は、小学生ブロガーが世界を変えるというものです。
このブログで10歳のマーサは、学校で食べた残念な給食について記録し、点数評価をしました。
この投稿にアクセスや投稿が殺到したのですが、読者から「あなたは食べるものがあるだけ幸せ」と指摘されたことがきっかけで、アフリカの貧しい子どもたちに食糧を支援しようと募金活動を始めたのです。

自治体が学校に圧力をかけ、給食の撮影が中止されるなどのこともありましたが、約1,400万円の寄付を集めることに成功したのです。
マラウイに実際に訪れたり、ユニセフや、セーブ・ザ・チルドレンが後援するキャンペーンの親善大使に任命されたり、本も出版したというのにはびっくりしました。

ブログを見てみましたが、日本の給食なんかも紹介されていました。
年齢や国籍も関係なく、個人が活躍できる時代なんだなと感じるとともに、この少女をとても尊敬しました。

NeverSeconds


朝活に参加してきました
日曜日ももうすぐ終わりですね!

今日は朝活に参加してきました。
ちょうど活動場所に用事があったので、有効につかいたいと思い、朝5時半に起きて、行ってきました!
朝早いのは、辛いように思いますが、毎日同じくらいの時間に起きていればそんなに辛くないなと感じます。

最近朝活などが流行っていて、いろいろ行われているように思いますが、やはり前向きに頑張る人が集まるので、参加してパワーをもらえるような気がします。
いろんな人と話したりすると新たな気づきをもらえますね。

今後も、自分でやったり、参加していきたいと思っています。
アグリイノベーション大学の説明会に参加してきました。
みなさんこんにちは!

先日、アグリイノベーション大学の説明会に参加してきました。
この大学は2013年4月に開校されます。

以下創設にあたっての案内文です。
--------------------------------------------------
今、農業は危機であるがゆえに注目されています。
世界の人口が上昇を続ける一方、農業者人口は減り続けると予想されており、1人あたりの生産性をあげることこそが最善の解決策だと専門家はいいます。
しかし農業は自然相手の仕事であり、毎日が勝負であり、自然リスクを回避する経営能力や気候の変動に応じた栽培方法に長けた人材が育たなければ、どれほど自然条件に恵まれたとしても「宝の持ち腐れ」にしかならない。と現場にいる私たちは感じています。
土地の宝を使いこなし、農業の持つ新しい価値を見出してイノベーションを引き起こす新しい人物を育成する学校。経験がゼロであっても仲間と肩を並べて学び、最後には自信をもって農業の世界に飛び込める学校。
そんな「農」の学び舎を目指して、「アグリイノベーション大学」を開校します。
--------------------------------------------------
アグリイノベーション大学HP

私も起業の分野は決めかねていましたが、農業を学ぶことは食の部分での自立がはたせるのではないかと思い、前向きに検討していきたいと考えております。
フォトリーディング&マインドマップ勉強会
フォトリーディング&マインドマップの勉強会に参加してきました。

元々、フォトリーディングの本を読んで、できたらすごそうだと思いつつも、なかなか実践できてなかったので、一度勉強会にでも参加しようと思い、参加してみる事にしました。

マインドマップは、以前より、どういうものかは知っていましたが、自分ひとりで書いてみた事はなかったような気がします。
今回は、今年自分でやりたいことというテーマでマインドマップを書いてみました。
私は、英語を勉強していたこともあり、英語で書いてみましたが、マインドマップを書いてみると、いろいろ整理されるんだなということは確かに感じました。

フォトリーディングについては、講師の方が本に書いてある事をただ、読んでいた感じだったので、そこまで参考にならなかったような感じがしました。
早く読めるようになるかは別として、本を読む目的を明確にする、著者に質問をするといったフォトリーディングの手法は、普通に読書をする際にもやったほうがいいのではないかと感じました。
英語学習1ヶ月
皆さんおはようございます。

英語学習も一ヶ月継続することができました。
1月11日だけ休んでしまいましたが、その後は順調に継続することができ、習慣化できつつあるのではないかと思っております。
ただ、英語力が格段にあがったとか、そういったことはないとは思います。
これからも少しずつ基本を身につけつつ、会話の部分にもスタートさせていければと思っています。

まずは来月へのTOECに向けても少しずつやっていきたいと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。