T人生研究所
よりよい人生、生き方の研究をしていきます。研究員募集中です。対象は幅広く取り扱っています。21世紀厳しい時代になるかもしれませんが、多様な働き方、生き方が生れてくるのではないかと考えております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スタンフォードの自分を変える教室
みなさんこんばんは!
スタンフォードの自分を変える教室という本を読みました。




著者:ケリーマクゴニガルさん
ボストン大学にて心理学とマスコミュニケーションを学び、スタンフォード大学で博士号を取得。スタンフォード大学の心理学者。専門は健康心理学。心理学、神経科学、医学の最新の研究を応用し、個人の健康や幸せ、成功および人間関係の向上に役立つ実践的な戦略を提供する講義は絶大な人気を博し、スタンフォード大学で最も優秀な教職員に贈られるウォルター・J・ゴア賞をはじめ、数々の賞を受賞。フォーブスの人々を最もインスパイアする女性20人に選ばれる。

やらなきゃいけないことをついつい後回しにしてしまったり、様々な誘惑に負けてしまう事ってありますよね。この本では、そんな時に意思の力をコントロールするにはどうしたらよいかを学ぶ事ができます。

意思の力には、「やる力」、「やらない力」、「望む力」の3種類にわけることができます。意思力を高める方法として、5分間の瞑想が紹介されています。目をつぶって、呼吸に集中し、吸って、吐いてと心の中でつぶやくことをつづけることで、意思力を強化する事ができるそうです。
やりたくないことをしてしまったりしたとき、何故なのか?と自分の内的な衝動を明らかにすることで、その原因を取り除くことができるようになるようです。また、ストレスは自制心がとても落ちてしまうので、呼吸を遅らせる、グリーンエクセサイズをする睡眠不足を解消するなどのことが必要になるようです。

この本を読んでその内容を実践すれば、自己コントロールが可能になり、欲望や誘惑に打ち勝てる自分になれるのではないかと感じました。自分が理想とする姿に近づくためにも、意思力の強化は必要になってくるのではないかと思います。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tamalabo.blog.fc2.com/tb.php/112-83785dbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。