T人生研究所
よりよい人生、生き方の研究をしていきます。研究員募集中です。対象は幅広く取り扱っています。21世紀厳しい時代になるかもしれませんが、多様な働き方、生き方が生れてくるのではないかと考えております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新規就農相談センターに相談に行ってきました。
みなさんこんにちは!
新規就農相談センターに相談に行ってきました。

新規就農相談センター

具体的な相談内容があったわけではなかったので、ざっくりと、新規就農について話をお伺いさせていただきました。

果樹は熱帯夜がない盆地で行われるが、手間ひまがかかるわりにあまり儲からない。
首都圏の近郊では、さいたまは市街地化が進み、農地の取得が難しくなってきている。
成人一人あたりの年間労働量は約2,000時間が限界であること。
農地は、その地域にとけ込まないと、見極めや賃貸、取得が難しいこと。
あわやひえは栽培はされるが、米アレルギーなどの人用なので、NPOが取り組んだりすることはあっても、農家がビジネスとして行うことは難しいこと。
昔の農家は生産のみ行ってきていて、なんとなくのさじかげんで行ってきたが、今はそうはいかないこと。
など、いろんなお話を聞いてきました。

また、情報収集だけでなく、実際に飛び込んでみる事が必要だとの事です。
研修先などの紹介もしていただきました。
農家というくらいだから、結婚は考えた方がいいとのことでした笑

新規就農を考えている方がいらっしゃいましたら、相談にいかれるのもよいかと思います。
各都道府県にある相談センターでは、より詳しくきけるとのことでした。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tamalabo.blog.fc2.com/tb.php/116-412981ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。