T人生研究所
よりよい人生、生き方の研究をしていきます。研究員募集中です。対象は幅広く取り扱っています。21世紀厳しい時代になるかもしれませんが、多様な働き方、生き方が生れてくるのではないかと考えております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いくつもの挫折を君は経験するだろう それでも常に「前のめりに転べ」
みなさんおはようございます!
硬軟自在の演技力で、2度のアカデミー書に輝いた世界的な俳優デンゼル・ワシントンさんのクーリエ・ジャポンに掲載されていたスピーチの紹介です。



スピーチで多くの観客を前にして緊張されていたデンゼル・ワシントンさんは、スピーチの依頼を受けた理由をこう語ったそうです。
それは、「恥をかくことになるかもしれなかった」からなのです。と
デンゼル・ワシントンさんは、人生では、リスクをとらなければどんなことも意味をもたない。そう考えているそうです。

大学受験などでは、保険(滑り止め)をかけるように言われた経験があると思いますが、デンゼル・ワシントンさんは、ダメだったら保険に頼るという考え方は理解できず、転ぶなら、慌てて後ずさりして、何かに寄りかかることはせず、前のめりに転んでしまいたいと考えています。そうすれば、これから何にぶつかるかがわかるからです。

レジー・ジャクソンは、選手生活で2597回も三振をしています。ただ、彼についてそんな多く三振したという話は聞かず、ホームランの記録で人々の記憶に残っています。

トーマス・エジソンは1000回の実験に失敗しています。でも1001回目の実験で電球が生まれました。
これらは、前のめりに転ぶという一例です。

デンゼル・ワシントンさんは、リスクをとらなければいけない理由を次のように考えています。
・「どの道、いつかは必ず挫折する」から
・「失敗していないということは、挑戦もしていない」から
・「失敗は、自分の未来を知るための最高の手段になる」から

最後にデンゼル・ワシントンさんからのメッセージを紹介します。

リスクをとるだけでなく、人生に心を開くこと。新しい考えを受け入れ、新しい意見に心を開くこと。たとえ緊張でガチガチになろうとも、スピーチをするという役目に進んで挑戦すること。不安を覚えるかもしれませんが、達成感も間違いなくあります。なぜなら、チャンスをものにし、誰かに出会い、誰かを愛し、信念を持つー。このすべてがその人の人生を形作るからです。
ですから、皆さんに与えられた使命は次の通りです。希望を失わないこと。決して尻込みしないこと。自分の持つものすべてを差し出すこと。
そして人生でつまづいたときは、前のめりに倒れてください。

とてもすばらしいメッセージだと思いました!
どんどんチャレンジし、前のめりに転んでいきたいと思います。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tamalabo.blog.fc2.com/tb.php/117-2ff46c1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。