T人生研究所
よりよい人生、生き方の研究をしていきます。研究員募集中です。対象は幅広く取り扱っています。21世紀厳しい時代になるかもしれませんが、多様な働き方、生き方が生れてくるのではないかと考えております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メシが食いたければ好きなことをやれ
みなさんこんにちは!
メシが食いたければ好きなことをやれという本を読みました。
著者:岡野雅行さん
向島更正国民学校を卒業後、家業の金型工場を手伝う。20歳ころから本格的に金型の技術を父親に教わり、30代になると量産のためのプラントを開発して売るようになる。1972年に父親から家業を引き継ぎ、岡野工業株式会社を設立。従業員6人の東京都墨田区の町工場の代表社員を名乗る。以後、リチウムイオン電池のケースなど、従来の深絞りなどのプレス技術では不可能とされてきた金属加工を次々と実現させ、「世界的職人」「金型の魔術師」として、国内外を問わず大きな注目を集めている。



岡野さんについては、存じあげていませんでしたが、この本を読むとどういった方なのか想像がつくような気がします。自分の生きたいように生きているとてもすばらしい方なのではないかと感じました。
この本については、いろいろな方からの悩み相談に対し、岡野さんが答えるというような形式で進められています。

いろいろな悩みについて書いてあるので、誰が読んでも、参考になる点が見つけられるのではないでしょうか。
人と違っている、新しい一歩を踏み出したい。特にそんな方が読むと勇気づけられるのではないでしょうか。

私は一生現役でいたいという考えになりましたが、その事についても触れられています。
岡野さんは75歳でも毎日が楽しくて、一生青春なんだそうです。
サラリーマンであれば、定年があり、お払い箱になることがありますが、自分の箱さえ作ってしまえば誰もお払い箱にすることはできない。
社会に必要とされる技術を身につければ、いつでも社会から引く手あまたになれる。
岡野さんのいうように、健康に気をつけ、本物の技術を身につけ、一生現役でいたいものです。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tamalabo.blog.fc2.com/tb.php/129-f5f29bd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。